縦方向のグリップ力

このような状態になったら、前述のとおりクルマはステアリングをいくら切っても曲がってはくれない。また、アクセルを踏んでもクルマはどんどん真っ直ぐ行ってしまうばかりで、そのままガードレールに激突してしまうだろう。これがフロントタイヤのグリップを超えてしまったときの症状だ。どれが一番コワイかというと、やっぱりアンダーステアなんじゃないだろうか。ステアリングを切っても言うことをきいてくれないというのは、かなりの恐怖だ。もし、このような状況になってしまったらどうすればよいのか?まず、アクセルを緩めよう。すると、フロントタイャはグリップを回復するから、いきなり曲がり始める。このため、ステアリングを少し戻しておかなくてはならない。こうしないと、クルマが一気にコーナーのイン側にぶつかることもある。次に、なぜオーバーステアになってしまうのか?それは、コーナリングの立ち上がり時に、リァタイヤにパワーをかけすぎているからだ。樅方向のグリップカが、加速しようとするパワーに取られてしまっているわけだ。ドリフトしたらどうすればよいのか?ほとんどの人はカウンターステアを当てればよいと答えるだろう。しかし、カウンターステアが的確に当てられる人というのはそういない。残念ながら、皆さんもそんなことをしようとは考えないでほしい。とりあえず、アクセルを緩めればよい。そうすれば、再びリアタイヤがグリップを回復してくれる。そして再びゆっくりとアクセルを踏み込んでやればよい。とことん車が好きなら→中古車 高く売る こちらから、こころゆくまでお楽しみください。

DY116_L

横方向のグリップ

次に、横方向のグリップ限界を確かめてほしい。フロントステアリングに伝わってくる手ごたえに注意を。手ごたえがを超えた証拠だ。これ以上ステアリングを切っても、クルマてくれない。リァタィヤのグリップ限界は、お尻で知ってほしい。お尻ムズムズして、クルマに接地感がなくなってきたら限界だ。このように書くと難しいかもしれないが、一度味わえば二度と忘れないだろう。わかりにくいかも知れないので、前のページの写真を見てほしい。これは、アンダーステア、ニュートラルステア、オーバーステアをわかりやすく極端に表わした写真だ。どのようにコーナリングするのがよいかは一概にいえないが、おおむね真ん中の写真のようにニュートラルステアでコーナリングするのがよいし、速いといわれている。上のアンダーステアでは、まだクルマがコーナーの出口を向いていないので、アクセルが開けられないためタイムロスしてしまう。また、下のオーバーステアでもパワーのかけすぎで、タイムロスしてしまっている。なぜ、同じクルマで同じコーナーを通過しているのにもかかわらず、このように異なった姿勢になるのか?それは、タイヤのグリップの使い方がそれぞれ連うからである。まず、なぜアンダーステアになってしまうのか?それは、コーナー進入時にフロントタイヤに荷重しないで、つまりアクセルを踏んだまま。ステアリングを切ってしまい、フロントタイャの持つ横方向のグリップが限界を超えてしまっているからだ。古くなった車、高く売りたいなら、←まずはこちらをご覧ください。

DY103_L

フラットスポット

どこまでが安全なのかは、限界を超えてみなくてはわからない。このためにもたくさんの人にBMWドライバートレーニングを受けてほしい。そのわけを知って、うまく利用することによって、クルマは速く走らせることができるようになる。具体的には何を知ればよいのか?これからそれを順序だててお教えしよう。まず、最初にやらなくてはならないのが、自分の履いているタイヤのグリップ限界を知ることだ。これがわからなくては、怖くてコーナーを攻めることなんかできやしない。極端な話クルマの性能はタイヤの性能にかかっているといっても過言ではないから、そのタイヤの性能を知れば、クルマを知ることにもなるというわけだ。タイヤの持っているグリップカには、縦のグリップと横のグリップがあり、その和は一定、というのはすでに述べたとおり。ということで、まず縦のグリップ限界を確かめる。最初に、どこまでブレーキを踏むとロックするのかを知っておく必要がある。そして、どれだけ踏むとどれだけの距離で止まるのかも知っておいてほしい。クルマのブレーキは皆さんが考えているよりも強力だということがわかるハズだ。また、どこからがABSの領域なのかということも知っておきたい。これを知るには、広い安全な場所で一度、フルブレーキングを試すのがベストだ。タイヤにフラットスポットを作らないため、雨の日を選んでやるといのくらいエンジンパワーをかければホイールスピンし出すのっておきたい。他の車情報は←こちらから見れます。

DY091_L

助手席の人間

しかし、助手席はフットレストもないクルマがほとんどで、横Gにはまったくの無防備といってよい。だから、助手席の人間は急激なステアリング操作によって生じた横Gで体が左右に振られてしまい、不快感を覚えるのだ。最後に、クルマを止めるときには必ずステアリングは真っ直ぐにしておくこと。これは、次に運転するのが彼女かも知れないからだ。彼女が乗り込み、ステアリングがフルロックしているのにもかかわらず、いきなり発進してしまうと危ないのはいうまでもない。駐車場でクルマを止めるときには、このようにステアリングを切っているクルマの横は敬還した方がよいだろ堂2接触事故を起こすことも充分考えられるからだ。前を走っているクルマは全部抜いてやりたい、これは雄でもが持っている本能ともいうべきものではないだろうか。しかし、それを実現するのはかなり蕊しい。クルマの動きをすべて知っている必要があるからだ。ワインディングは根性だけでは速く走れない。頭を使うことがポイントだ。ワインディングロードを速く走りたいというのは、ヤングアットハートな人だったら誰もが持っている願望なんじゃないだろうか。極端な話度胸さえあればある程度は速く走ることができるようになるはずだ。ただし、どのくらいの安全マージンを持ちながら走っているのかというと「?」だ。いくら速くたって、次のコーナーで崖から落ちてしまうかも知れない。そんな運転はとてもまともとはいえない。特攻隊みたいなものだ。クルマの運転だって、しっかりと頭を使わなくてはダメ。クルマが動くのにはすべて「わけ」がある。自家用車乗ってますか?←乗らなくなったらこちらへ。

DY080_L

左ハンドル

そればかりではない。トレーラーのような大型車の後ろについてしまうと、前が見えないので先が読めないし、圧迫感もある。排気ガスも臭い。これは、皆さんも真似すべきだろう。よく、テールトゥノーズで走っているクルマを見かけるが、カッコいいと思っているのだろうか?とにかく同乗者に与えるプレッシャーはかなり大きいハズだ。もし、あなたのクルマが左ハンドルだったら、あまりセンターライン側を走らない方がよいだろう。これは、助手席の人が対向車から受けるプレッシャーを減らすためだ。もちろん、シフトのショックも最小限に抑えたい。マニュアルなら必ず回転を合わせてシフトアップ、ダウンをし、オートマチックだったらあまりキックダウンスイッチを使用しない方うがいいだろう。以前女のコを助手席に乗せて運転をしていたら、関心されたことがある。彼女曰く、「クルマってギアチェンジするときにギクシャクするもんだと思ってた」スポーティに走るんだったら、多少のギクシャクはいたしかたないが(本当は、いくら素早いシフトでも回転さえあわせればスムーズにつながるのだが)、そういう走りはひとりのときだけにしておくべきだろう。乗り心地の悪いクルマに好き好んで乗る女のコはいない。なめらかなステアリングさばきにもこころがけなくてはならない。これも、体にかかってくるGに関係している。ドライバーはステアリングを持っているため、比較的横Gにも強い。とにかく車好きなら、←こちら!

DY081_L

ブレーキタイミング

だからといって、ゆっくり走ればいいのかとい差フと、そんなこともない。最近の女のコはほとんど免許を持っているから、自分のペースというのを持っている。自分だったらこのくらいのスピードで走るのに、というヤシだ。だから、流れに乗れないほどゆっくり走ると、いらついてしまうのだ。ブレーキのタイミングについても同じことがいえる。BMWのブレーキは国産のクルマよりも効くから、知らず知らずのうちに、どうしても遅くブレーキングする傾向になってしまっている。止まるとわかっていても、自分のブレーキタイミングよりも遅くかけられると、やっぱり不安になってしまうものだ。早めに一度、ブレーキに足を乗せるか、もしくはアクセルを緩め、減速体勢に入り、彼女を安心させてやるのがよいだろう。前(※) 車との車間距離も一定に保つ。この車間距離で重要なのが、距離よりも時間で合わせるということ。どんなスピードであっても1.5秒が目標。つまり、帥、/hで走行していたらおmo100m/hで走っていたら蛇mだ。このくらい前車と離れていれば、女のコも安心するだろう。また、どのようなクルマの後ろにつくかも考えた方がよい。加年間、ロールスロイスの運転手をしているという方に話を聞いたことがある。彼は、トラックの後ろには絶対につかないそうだ。それは、砂利などを落とされる可能性がゼロとはいえないからだという。車を売ってお金を手に入れたいなら、←まずはここへ!

DY088_L

運転がヘタ

では、どこがどうヘタなのか?彼の運転は、同乗者のことをまったく考えない運転なのだ。低速トルクのない911という負い目はあるものの、市街地ではギクシャクしどおし。しかも、フルスロットルにフルブレーキングの連続だ。こは、女の.じゃなくてもイヤになってしそれでもいいという人も、皆さんの中にかし、一生ひとりでクルマに乗っている女の.だって乗るだろうし、そのうちにこともあるだろう。そんなときのためにを与えない運転も知っておくとよいだろ最近では減ったが、クルマに酔うとい酔うのか?それは、ドライバーの運転のし方が愁いからだ。高速道路を一定速度で走行中、必要もないのにアクセルを常に動かしている人がいる。このわずかなアクセルの動きは、小さいながら車内の人間に前後Gを与えることになる。この連続する前後Gが、クルマ酔いの原因だ。ベーシックカーよりも豪華什榛のクルマの方が酔うことが多いのは、この前後Gが柔らかなサスペンションで増幅されるからだ。特にマイナスGI減速Gが同乗者に与える不快感は大きい。限度はあるが、一般的にプラスGI加速Gはあまり同乗者にそのような不快感は与えないというこ,とも覚えておこう。また、走行中にあまりスキール音(タイヤのきしみ音)も立てないようにしたい。この音が好きだという人にぼくはあまり会ったことがないし、その反対に恐怖感を持つ人の方が多い。普通の道でこのスキール音がするということは、タイヤに無理がかかっている、つまり運転が間違っているということになる。車、乗っていますか?←乗っていないならこちらへ。

DY072_L

走行ライン

また、スピードをそんなに出さなくてもウマく見える方法がある。それは、ワィンディングロードに入ったら、走行ラインをきちんとはずさずに走るということ。といっても、アウトインァウトなんていう大げさなことはしなくてもよい。とにかく、ワィンディングでも最も醜悪なのはそんなにスピードが高くないのにもかかわらず、センターラインを割って反対側の車線に入ってくるクルマだということを忘れずに。とにかく、自分のクルマのタイヤがどこにあるかを常に把握しておくことが肝心。もし、あなたの彼女がクルマに酔うと言ったら、それはあなたの運転が悪いと思わなくてはならない。同乗者があるときには、それなりのドライビングテクニックが要求されることを忘れずにいたい。スムーズに、が基本。特にマイナスGと横Gには細心の注意をしてほしい。ぼくの知人に、ポルシェ911を持っている男がいる。容姿も十人なみだから、もちろん女の.にはモテる。しかし、どのコも彼のクルマにはあまり乗りたがらない。ポルシェなのにだ。ある日、彼の運転するクルマの横に乗る機会があった。ぼくには女の.たちが敬遠する理由がわかった。一言でいって、彼の運転はヘタだったのだ。ま、彼の弁護をしておくと、ワインディングで遅いヘタさとはちょっと違う。その反対に彼は結構なペースでワインディングを走ることを得意としている。もしかしたら、そういう所では皆さんよりも速いかも知れない。中古車を買ってほしいなら、←こちらをまず、ご覧ください。

DY082_L

ドライバー心理

ドライバー心理として、後から来たクルマを自分の前に入れるのは非常に抵抗がある。その反対に、前方から下がってきたクルマは受け入れやすいという。もちろん、入れてもらったら合図を忘れずに。高速道路の出口などが渋滞しているからといって、ギリギリまで行って強引に頭を突っ込むのは、あまりにも下品だからやめてほしい。さて、「ちょっとしたこと」はこのくらいにして、もう少し走りの部分でカッコよく見えるコツというのをお教えしよう。ま寵オートマチック車でコーナリングする場合Dレンジのままで走っていると、どうしてもキックダウンまでのタイムラグによって加速が遅くなってしまう。そこで、コーナーの手前でブレーキングが終了するのを見計らって、3もしくは2速へシフトダウンしておこう。こうしておくと、アクセルオンと同時に必要な駆動力を得ることができる。ただし、滑りやすい路面では、シフトダウンはしてはいけない。リアタイヤがグリップを失って、クルマがあらぬ方向へ動き出してしまうこともあるからだ。マニュアルの場合には、前章でも述べたとおり、シフトショックを極力少なくすること。そして、あまり高いギアでいつまでも走っていないで、こまめなシフトダウンをする。エンジン回転が低くなると、あまりスムーズにクルマが動かなくなる。クルマがギクシャクしているのは、外から見ていてもよくわかって、かつこう悪いことこのうえない。車が余っているならこちら→まずはご覧ください。

DY071_L

テールランプ

これは、テールランプかブレーキランプの光がその目的の障害物に反射して、どのくらい明るくなったかでその距離を測ればよい。近づいていくと、明るくなるとともに、照らす範囲も狭くなっていく。レンズカットまで見えるようになったら、もうバンパーはその障害物の寸前だと思ってほしい。バックでもうひとつ。目的地を通り過ぎてしまったときに、Uターンせずに一気にバックしていくというのもカッコがいい(ただし、クルマが来ないときだけにすること)。バックなんていうのは、ただアクセルを踏むだけでいいようなものだが、これがなかなか難しい。パックするということは、リアタイヤがステァするクルマと同じになる。フォークリフトがリアタイヤをステァする代表的なクルマだが、それの最大の特徴は非常に舵の効きがいいということ。つまり、パックしているときは、ちょっとした操作でクルマの進路は大きく動く。バック時にはこのことをよ-く頭に叩き込んで、あまり大きなステアリング操作を行なわないようにする。特に、アクセルを緩めたときにステアリングを切ると、クルマは大きく動く。ステアリング半回転ほどでスピンターンしてしまうほどだ。合流時の割り込みのときにも、ドライバーのうまいヘタがよくわかる。あらかじめ割り込もうとするクルマの少し前まで行き、減速気味にしながらウインカーを出して寄っていけばよい。中古車の世界を知りたいなら→こちらがオススメです。

DY041_L