では、どこがどうヘタなのか?彼の運転は、同乗者のことをまったく考えない運転なのだ。低速トルクのない911という負い目はあるものの、市街地ではギクシャクしどおし。しかも、フルスロットルにフルブレーキングの連続だ。こは、女の.じゃなくてもイヤになってしそれでもいいという人も、皆さんの中にかし、一生ひとりでクルマに乗っている女の.だって乗るだろうし、そのうちにこともあるだろう。そんなときのためにを与えない運転も知っておくとよいだろ最近では減ったが、クルマに酔うとい酔うのか?それは、ドライバーの運転のし方が愁いからだ。高速道路を一定速度で走行中、必要もないのにアクセルを常に動かしている人がいる。このわずかなアクセルの動きは、小さいながら車内の人間に前後Gを与えることになる。この連続する前後Gが、クルマ酔いの原因だ。ベーシックカーよりも豪華什榛のクルマの方が酔うことが多いのは、この前後Gが柔らかなサスペンションで増幅されるからだ。特にマイナスGI減速Gが同乗者に与える不快感は大きい。限度はあるが、一般的にプラスGI加速Gはあまり同乗者にそのような不快感は与えないというこ,とも覚えておこう。また、走行中にあまりスキール音(タイヤのきしみ音)も立てないようにしたい。この音が好きだという人にぼくはあまり会ったことがないし、その反対に恐怖感を持つ人の方が多い。普通の道でこのスキール音がするということは、タイヤに無理がかかっている、つまり運転が間違っているということになる。車、乗っていますか?←乗っていないならこちらへ。

DY072_L