そればかりではない。トレーラーのような大型車の後ろについてしまうと、前が見えないので先が読めないし、圧迫感もある。排気ガスも臭い。これは、皆さんも真似すべきだろう。よく、テールトゥノーズで走っているクルマを見かけるが、カッコいいと思っているのだろうか?とにかく同乗者に与えるプレッシャーはかなり大きいハズだ。もし、あなたのクルマが左ハンドルだったら、あまりセンターライン側を走らない方がよいだろう。これは、助手席の人が対向車から受けるプレッシャーを減らすためだ。もちろん、シフトのショックも最小限に抑えたい。マニュアルなら必ず回転を合わせてシフトアップ、ダウンをし、オートマチックだったらあまりキックダウンスイッチを使用しない方うがいいだろう。以前女のコを助手席に乗せて運転をしていたら、関心されたことがある。彼女曰く、「クルマってギアチェンジするときにギクシャクするもんだと思ってた」スポーティに走るんだったら、多少のギクシャクはいたしかたないが(本当は、いくら素早いシフトでも回転さえあわせればスムーズにつながるのだが)、そういう走りはひとりのときだけにしておくべきだろう。乗り心地の悪いクルマに好き好んで乗る女のコはいない。なめらかなステアリングさばきにもこころがけなくてはならない。これも、体にかかってくるGに関係している。ドライバーはステアリングを持っているため、比較的横Gにも強い。とにかく車好きなら、←こちら!

DY081_L