しかし、助手席はフットレストもないクルマがほとんどで、横Gにはまったくの無防備といってよい。だから、助手席の人間は急激なステアリング操作によって生じた横Gで体が左右に振られてしまい、不快感を覚えるのだ。最後に、クルマを止めるときには必ずステアリングは真っ直ぐにしておくこと。これは、次に運転するのが彼女かも知れないからだ。彼女が乗り込み、ステアリングがフルロックしているのにもかかわらず、いきなり発進してしまうと危ないのはいうまでもない。駐車場でクルマを止めるときには、このようにステアリングを切っているクルマの横は敬還した方がよいだろ堂2接触事故を起こすことも充分考えられるからだ。前を走っているクルマは全部抜いてやりたい、これは雄でもが持っている本能ともいうべきものではないだろうか。しかし、それを実現するのはかなり蕊しい。クルマの動きをすべて知っている必要があるからだ。ワインディングは根性だけでは速く走れない。頭を使うことがポイントだ。ワインディングロードを速く走りたいというのは、ヤングアットハートな人だったら誰もが持っている願望なんじゃないだろうか。極端な話度胸さえあればある程度は速く走ることができるようになるはずだ。ただし、どのくらいの安全マージンを持ちながら走っているのかというと「?」だ。いくら速くたって、次のコーナーで崖から落ちてしまうかも知れない。そんな運転はとてもまともとはいえない。特攻隊みたいなものだ。クルマの運転だって、しっかりと頭を使わなくてはダメ。クルマが動くのにはすべて「わけ」がある。自家用車乗ってますか?←乗らなくなったらこちらへ。

DY080_L