どこまでが安全なのかは、限界を超えてみなくてはわからない。このためにもたくさんの人にBMWドライバートレーニングを受けてほしい。そのわけを知って、うまく利用することによって、クルマは速く走らせることができるようになる。具体的には何を知ればよいのか?これからそれを順序だててお教えしよう。まず、最初にやらなくてはならないのが、自分の履いているタイヤのグリップ限界を知ることだ。これがわからなくては、怖くてコーナーを攻めることなんかできやしない。極端な話クルマの性能はタイヤの性能にかかっているといっても過言ではないから、そのタイヤの性能を知れば、クルマを知ることにもなるというわけだ。タイヤの持っているグリップカには、縦のグリップと横のグリップがあり、その和は一定、というのはすでに述べたとおり。ということで、まず縦のグリップ限界を確かめる。最初に、どこまでブレーキを踏むとロックするのかを知っておく必要がある。そして、どれだけ踏むとどれだけの距離で止まるのかも知っておいてほしい。クルマのブレーキは皆さんが考えているよりも強力だということがわかるハズだ。また、どこからがABSの領域なのかということも知っておきたい。これを知るには、広い安全な場所で一度、フルブレーキングを試すのがベストだ。タイヤにフラットスポットを作らないため、雨の日を選んでやるといのくらいエンジンパワーをかければホイールスピンし出すのっておきたい。他の車情報は←こちらから見れます。

DY091_L