次に、横方向のグリップ限界を確かめてほしい。フロントステアリングに伝わってくる手ごたえに注意を。手ごたえがを超えた証拠だ。これ以上ステアリングを切っても、クルマてくれない。リァタィヤのグリップ限界は、お尻で知ってほしい。お尻ムズムズして、クルマに接地感がなくなってきたら限界だ。このように書くと難しいかもしれないが、一度味わえば二度と忘れないだろう。わかりにくいかも知れないので、前のページの写真を見てほしい。これは、アンダーステア、ニュートラルステア、オーバーステアをわかりやすく極端に表わした写真だ。どのようにコーナリングするのがよいかは一概にいえないが、おおむね真ん中の写真のようにニュートラルステアでコーナリングするのがよいし、速いといわれている。上のアンダーステアでは、まだクルマがコーナーの出口を向いていないので、アクセルが開けられないためタイムロスしてしまう。また、下のオーバーステアでもパワーのかけすぎで、タイムロスしてしまっている。なぜ、同じクルマで同じコーナーを通過しているのにもかかわらず、このように異なった姿勢になるのか?それは、タイヤのグリップの使い方がそれぞれ連うからである。まず、なぜアンダーステアになってしまうのか?それは、コーナー進入時にフロントタイヤに荷重しないで、つまりアクセルを踏んだまま。ステアリングを切ってしまい、フロントタイャの持つ横方向のグリップが限界を超えてしまっているからだ。古くなった車、高く売りたいなら、←まずはこちらをご覧ください。

DY103_L