このような状態になったら、前述のとおりクルマはステアリングをいくら切っても曲がってはくれない。また、アクセルを踏んでもクルマはどんどん真っ直ぐ行ってしまうばかりで、そのままガードレールに激突してしまうだろう。これがフロントタイヤのグリップを超えてしまったときの症状だ。どれが一番コワイかというと、やっぱりアンダーステアなんじゃないだろうか。ステアリングを切っても言うことをきいてくれないというのは、かなりの恐怖だ。もし、このような状況になってしまったらどうすればよいのか?まず、アクセルを緩めよう。すると、フロントタイャはグリップを回復するから、いきなり曲がり始める。このため、ステアリングを少し戻しておかなくてはならない。こうしないと、クルマが一気にコーナーのイン側にぶつかることもある。次に、なぜオーバーステアになってしまうのか?それは、コーナリングの立ち上がり時に、リァタイヤにパワーをかけすぎているからだ。樅方向のグリップカが、加速しようとするパワーに取られてしまっているわけだ。ドリフトしたらどうすればよいのか?ほとんどの人はカウンターステアを当てればよいと答えるだろう。しかし、カウンターステアが的確に当てられる人というのはそういない。残念ながら、皆さんもそんなことをしようとは考えないでほしい。とりあえず、アクセルを緩めればよい。そうすれば、再びリアタイヤがグリップを回復してくれる。そして再びゆっくりとアクセルを踏み込んでやればよい。とことん車が好きなら→中古車 高く売る こちらから、こころゆくまでお楽しみください。

DY116_L